在宅ワーク求人データ入力.com
ホーム > データ入力の種類 > 【データ入力の仕事】WEBライター

【データ入力の仕事】WEBライター

例えばどんな仕事があるの?

近年、WEBライターという仕事が大変人気です。この仕事は、ライター(記者)の仕事で文章を書いて報酬を得ます。記事にする内容はさまざまですが、募集の際に〇〇について執筆できる人というような募集の仕方になりますので、応募の際にご自身が「この分野なら書ける」という仕事を選ぶと良いでしょう。テーマは恋愛、人生相談、仕事、ライフスタイル、子育て、ペット、占いなど多岐にわたります。また、映画、音楽など趣味について執筆できるものもありますので、文章を書くのが好きな方にはお勧めのお仕事です。

ライターの仕事は、小説ではありませんので、いかに与えられたテーマを読者に分かりやすく伝えるのかが課題です。ですので、ライティングする内容についてはできるだけ知識がある方、経験があるかたが喜ばれます。実体験に基づいて書かれた文章にはリアルがありますし、読者に納得してもらえる文章に仕上がるからです。

時間はどれくらいかかるの?

ライターの仕事は、考えたり調べたりする時間も加味しなければなりません。単にあるものを入力するだけのデータ入力のお仕事とは少し形態が違います。ただ、文章能力についてはそれぞれ人によって違います。作文が得意でテーマさえ与えられたらどんどん流れるように文章化できる方と、なかなか文章として書けないという方もおられます。ですので、どれくらいの時間がかかるのかというよりも、例えば1時間でどれくらいの記事がかけるのかというのが報酬へつながる第一歩となります。また、ライターの仕事もほとんどが在宅ですので、ご自身の好きな時間に好きなだけ文章を書くことができます。

報酬はどれくらいもらえるの?

ライターの仕事は、だいたい1文字0.5~1文字が相場ではありますが、内容によっては例えば専門的なものなどについては、専門知識が必要であったり場合によっては資格が必要である場合もありますので、その場合は文字単価はかなり高額になります。医師などが執筆する健康専門の文章などは、1文字5円~ほどもらえることもあり、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎでライターの仕事をしている方もおられます。

どうやって仕事を探す?

データ入力の仕事をしたいと思った方、WEBライターの仕事をしたいと思われた方は、こちらのサイトでもご紹介しております、お仕事情報サイト、就職サイトなどで見つけることもできます。「データ入力」「WEBライター」「初心者向け」「在宅」などのキーワードで検索してみましょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする