在宅ワーク求人データ入力.com
ホーム > データ入力の種類 > 【データ入力の仕事】転記タイプの仕事

【データ入力の仕事】転記タイプの仕事

例えばどんな仕事があるの?

データ入力にも、さまざまな種類の仕事があります。今回は、転記タイプの仕事の内容をご紹介しましょう。転記とは、文字通りそのまま写すという意味です。例えば、顧客のデータを一覧表に転記していくというような内容の仕事が一般的です。そのほかには、手書きの文章やPDFに入力された文章などを、専用のプログラムに入力するという仕事もあります。いずれにせよ、このタイお仕事は、何も考えずにただ写すことに徹するだけでいいので、初心者の方向けですね。ただし、間違いがないように写さなければならないことと、タイピングが早くなければなかなか報酬にならないことがありますので、パソコンに慣れていない方はちょっとむつかしいかもしれません。データ入力の仕事ですので、パソコンに慣れていない場合はどのタイプのお仕事も難しいでしょう。

時間はどれくらいかかるの?

データ入力の仕事は、ほとんどが在宅業務です。ですので、ご自分の好きな時間に好きなだけ仕事をすることが可能です。もちろん、仕事をすればするほど報酬に繋がります。転記の仕事でも打つ速さは内容によります。例えば、打つ内容について知っている言葉が多い場合は、早く打てることができますが、難しい医療用語や聞いたこともない言葉などの場合は、やはりどうしても打つスピードが遅くなってしまいます。あまり最初からペースアップしてしまうと、後でしんどくなってしまいますので、最初は1日1時間程度から徐々に仕事をする時間を増やしていくようにするほうがいいでしょう。

報酬はどれくらいもらえるの?

データ入力の仕事の多くは、1文字いくらという換算の仕方です。ですので、1文字1円という報酬提示の場合は、1000文字で1000円になります。1文字1円という報酬はデータ入力の仕事の場合はかなり高額といってもいい報酬です。ライターなど、考えながらタイピングするようなお仕事は1文字1円~2円もらえることもありますが、転写タイプの仕事はなかなかここまでの報酬にはなりません。ですので、時給換算しますとだいたい500円前後になるのが相場です。1日3時間仕事をしたとして、1日1500円ほど、毎日行ったとしても5万円もらえれば良いほうではないでしょうか?

どうやって仕事を探す?

データ入力の仕事をしたいと思った方、転写タイプの仕事をしたいと思われた方は、こちらのサイトでもご紹介しております、お仕事情報サイト、就職サイトなどで見つけることもできます。「データ入力」「簡単」「初心者向け」「在宅」などのキーワードで検索してみましょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする